芸能人の依頼をしませんか?イベント事に最適

記事一覧

書類審査の際の注意点

オーディション

バストアップと全身

オーディションの写真は、バストアップと全身の2種類があります。これらの写真を撮る際には、注意点があります。バストアップ写真は、しっかりと輪郭や髪型、表情が収まっていることが重要です。見切れてしまわないよう、中心に写るようにしましょう。正面を向いた写真であることが重要です。自分は正面よりも右側から見た時が一番きれいに見えるから、といった理由で、必要以上に横を向いている写真はいけません。ルックスがわかりにくくなってしまうからです。男女関係なく、メイクが派手すぎる写真もいけません。バストアップ写真は、髪の長さや色、肌の色や表情等を見るためにあるからです。濃いメイクでは、表情や肌の色などがわかりにくくなってしまうのです。全身写真を撮る場合は、ボディラインがわかる服を着るようにしてください。女性の場合、ゆったりとしたラインの服が流行るとそれを着てしまうかもしれません。しかし、オーディションでは腕の長さや足の長さに加え、上半身と下半身のバランスなども審査対象になります。映画などのオーディションであれば、衣装を着こなせるか、役柄と合った体型かも審査されるのです。スタイルを良く見せたいという理由から、ポージングをする人もいるかもしれません。しかし、オーディションの写真の場合、極端なポージングをは身体の厚みなどがわかりにくくなってしまうのでやめましょう。しっかりと背筋を伸ばし、自然に立つようにしてください。足を軽くクロスしたり、わずかに体を捻っている程度であれば問題ありません